不動産購入で失敗しないための秘訣~会社選びが鍵~

室内

不動産物件を購入する

家族が増えた、両親と一緒に暮らすなど、人によってマイホームを購入するタイミングは様々です。賃貸物件に住み続けるよりもマイホームを持っている方が自身の資産になりますし、ローンを完済することができれば安心して暮らしていくことができるでしょう。しかし、住みにくい家だと購入したことに後悔してしまう可能性もあるので、物件を買う際は慎重に見極めるようにしましょう。

つみき

不動産会社選びに注意

不動産を購入する場合、会社によって取り扱い物件は異なってくるので、どこでも良いという選び方はやめましょう。また、気に入るような物件を見つけたとしても、不動産会社がいい加減だと購入は避けた方が良いと言えます。不動産会社との繋がりは物件を購入したら終わりではなくずっと続いていくものです。何らかのトラブルが起こった際には不動産会社に問い合わせをすると思いますが、態度がいい加減だと適切な対応をしてもらえないかもしれません。後に困ってしまうことになるので不動産会社選びも重要になります。

住宅模型

マイホームの購入は早めがベスト

マイホームを購入する場合、30代や40代といった仕事が安定して収入が増える頃に購入するという人が多いものです。しかし、住宅ローンが組めるのは最長35年ということを知っておきましょう。30歳でマイホームを購入する場合、35年でローンを組むと完済するのが65歳です。返済期間を短くすると月々の支払い負担が大きくなってくるため、自分の収入に応じて決めると良いです。また、完済予定が高齢になると返済能力が認められずローンの審査が通らないということもあるので、早めに住宅ローンを組むことをおすすめします。

不動産会社で対応してくれること

  • 不動産の購入
  • 賃貸契約
  • 不動産の売却

信頼性があるところを利用しよう

不動産会社で物件の売買をするにしろ、賃貸契約をするにしろ安心して任せることができるところを選ぶことが大切です。長年経営しており、多くの人が利用している不動産会社であれば信頼性もあるので、安心して任せることができるでしょう。

不動産購入に関する疑問

インテリア

自己資金が少なくても大丈夫ですか?

決められた頭金の支払いはしっかりと行なわないといけません。どうしても早めに購入したいという場合は諸費用ローンや100%ローンなどがあるので、相談した上で利用すると良いでしょう。

価格を安くしてもらうことは可能ですか?

まずは営業担当の方に相談してみると良いでしょう。売主に話をしてもらえるので交渉が可能な場合もあります。気軽に尋ねてみましょう。

マイカーローンの返済中でも住宅ローンは組めますか?

マイカーローンの月々の返済額と収入をあわせて審査が行われるため、返済能力があると見込めた場合は住宅ローンも組むことができます。また、マイカーローンの支払いが多いという場合は住宅ローンは組めても借入額が下がってしまうこともあります。

転職したばかりでも住宅ローンは組めますか?

直近に転職した場合は収入が不安定な場合もあり、勤続1年以上という条件が提示されていることがあります。そのため、転職した場合など勤続1年以上に満たない場合は審査が通らないこともありますが、相談することで住宅ローンを組むことができる場合もあります。ですから、まずは金融機関に相談してみると良いでしょう。

必要諸経費はどういったものがありますか?

印紙税や不動産取得税、登録免許税や火災保険料、仲介手数料などが挙げられます。中には仲介手数料が発生しないということもあるので、諸経費は不動産会社に確認することをおすすめします。

[PR]
マンションや土地の買取を実施中
不要な資産を売却しよう

[PR]
茅ヶ崎でマンションを発見
住みやすいマンションを見つけよう